カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

2019/01/24 冬の市に参加しました。

1/24、25の冬の市(農産物の販売会)に参加しました。

(場所は静岡市の葵スクエアです)

販売会

お茶はべにふうき緑茶や半発酵茶等を主に用意していきました。

販売会 

その他 もち米や野菜も少量ですが用意し販売していました。

天気も良く(風も穏やかで)、出店には良い日でした。

2019/01/17 ほうじ茶の製造

半発酵のほうじ茶の製造を行いました。

ほうじ茶 製造 

釜炒り機で焙じていきます。右は原料の写真です。べにふうき、在来、そうふう等の半発酵茶です。

ほうじ茶 製造 

焙じている時の様子です。

釜の表面温度を放射温度計で計測して、火力を調節します。

ほうじ茶 製造 ほうじ茶 製造

時折、お盆にお茶を取り出して茶温の計測も行っています。

焙じ具合、取り出しの際の基準にしています。


茶温が高くなってくると煙がでてきます。

(写真では確認しずらいですが)

また芳ばしく、甘い香りも充満してきます。

ほうじ茶  

出来上がったお茶です。焙じた後はお茶の棒も一部曲がってきます。

ほうじ茶らしくなるのでその方が見た目は良いですが、全部棒が曲がるくらい行うと焙煎が強すぎる為、その前に取り出します。

条件(温度、時間、材料等)によって出来が変わってくるので、良い出来になるように多少条件を変え、試したりもしていこうと思っています。


2018/10/12 半発酵茶の製造

秋の芽を利用して半発酵茶作りを行いました。

秋 茶園 

春巡の茶樹です。春に比べ摘み取るれる量は少ないです。

機械の使用できる量まで葉を集めたいので、大き目に摘むことにします。手摘みです。

(製造機械のサイズは18キロ機で、だいたい1回12kg〜18kgくらいの生葉を処理します。)

茶葉 

摘み取った茶葉

萎凋 

日干萎凋の様子です。

ここ最近、雨やくもりの日が多く、この日も雲が多かったですが、わずかに明るい日が当たっていたので良かったです。

その後は日が当たるところから室内等に移動させ、萎凋続けます。

茶 製造

摘採次の日の製造途中の様子です。(釜炒り殺青後)

茶 半発酵茶 

出来た荒茶です。外観は大き目に茶の芽を摘んだこともあって、よれてないない葉も少しありました。

お湯を注いだ様子です。香り良いお茶が出来たと思います。

2018/08/25 茶畑、苗場の様子

茶畑の様子です。

茶畑 

ナラシ(整枝)から時間がたったので、また葉が茂ってきています。

茶畑 

こちらは、畑が高台の端の箇所で、収穫や作業が行いにくくなり、収穫をやめた茶の木です。(写真の左側の方)

収穫しないため、伸びる一方で隣りの方まで茂ってきています。年に一回くらい刈落とします。

茶畑

機械で刈り落とした後です。

こちらは6月にさし木をした苗場です。

茶 苗 

品種は香寿です。

茶 苗 

苗には茶の花のつぼみが付きやすいです。

(写真では小さく見にくいですが、小さく先端が丸くなっているつぼみがあります。)

つぼみができると、そちらの成長に養分を使って苗自体が伸びにくくなるので、見つけたら取るようにします。

茶 つぼみ

取った つぼみです。

2018/07/27 茶園の管理、発酵茶の製造

茶畑の芽の刈落としを行いました。

今の時期は茶園の管理や晩生品種の発酵茶作り等を行っています。

茶園管理 

機械で刈って、形を揃えていきます。茶畑の品種は香駿です。

茶園

刈り取り後

2番茶の半発酵茶や紅茶を製造した時の様子です。

半発酵茶 

べにふうきの葉(萎凋中)と出来た荒茶

紅茶 

べにふうき 紅茶製造時、発酵の時の様子とできた荒茶です。

2018/05/20 半発酵茶製造、畑の管理

1番茶の半発酵茶の荒茶製造も終わり、現在はお茶の仕上げ加工や茶畑の管理を行っております。

茶製造 

先日製造した時の様子です。

茶製造

できたお茶(荒茶)です。

数日後にはまたべにふうきの製造が始まっていきます。

(べにふうきの1番茶製造)

茶畑 

茶畑では、遅れて伸びてきた芽を刈落とし、2番茶に向けての準備も行っています。

茶

早くに摘採を開始した自然仕立てのお茶は遅れ芽や2番茶芽が良く伸びてました。

2018/5/5 煎茶製造も終盤になってきました。

やぶきたの製造も最後の日となりました。

やぶきたに加え、香駿の萎凋煎茶の製造を行いました。

茶

香駿の畑です。

茶畑

刈り取り後

萎凋 

日干萎凋を行いました。萎凋中の様子です。

茶製造 

蒸し工程後、中揉機後のお茶です。

2018/4/13 お茶摘みがはじまりました

今年のお茶の摘採がはじまりました。

お茶 

早生品種(印雑系統)の自然仕立ての手摘みを行いました。

今年は昨年に比べ8日早い開始となりました。

(昨年はここ数年でも遅い年でした。)

お茶 摘採 

お茶を摘んでる最中でも 時折、印雑系統のあまい香りが ほのかに香ることがありました。

お茶 製造 萎凋 

摘んだお茶です。摘み取ったお茶は萎凋させて、釜炒り機にて製造していきます。

2018/04/09 畑の様子

茶畑の新芽の様子です。

茶畑 

やぶきた(左) と そうふう(右) です。

茶畑 

早生品種の自然仕立てです。こちらは摘み取りも近くなってきました。

2018/03/28 茶畑の様子

茶畑の様子です。

茶畑

気温も暖かくなり、新芽も伸びてきました。

茶畑 

やぶきた(左)とそうふう(右)です。(機械刈用の弧状仕立て)

今年は急に暖かくなったためか、早生品種(や早場所)とそれ以外の差(芽の伸びの差)が小さいかもしれません。

茶畑

こちらは自然仕立ての そうふう です。

ページトップへ